シミ ソバカス 肝斑

薬剤師が自分で使っている美白クリームは?

シミが消える

薬剤師が自分で使っている美白クリームは?

調剤薬局の薬剤師といえば、
毎日、門前の皮膚科から送られてくる処方箋のお薬を処方して
患者さんにお渡しするのがお仕事。

軟膏などは、処方された成分を練って容器に詰めてお出しします。

美白のためにn万円の処方薬を出す毎日!

美白クリームは、たいていは自費。
実際、毎日のように処方するクリームや処置代などで、
患者さんは4万、5万という金額を払っていかれます。

でも、この金額はおそらく安いほう。

レーザーですべてのシミを焼いていたら、100万もかかるとか

徹底的にシミをやっつけるためには、
100万もかかるのだそうです。

薬剤師としては、この成分のクリームを塗ればシミが薄くなる
とわかっていても、自分で処方はできません。

薬価買いといって、薬局内のお薬を原価で分けてもらうこともできないお薬が使われているのです。

毎日処方して患者さんにお渡ししている薬剤師でも、
自分のために格安で手に入れることはできないというわけです

どんどんキレイになっている患者さんを見ていると自分も塗りたいという思うクリームがあるのに

毎月のように来られる患者さんのシミがどんどん薄くなって、
キレイになっていかれると見ていると・・・。

やはり自分もなんとかしてシミをなくしたい
と思えてきますね。

薬剤師だってキレイになりたい! しかもお金をかけないで!

ツルツル すべすべ 真っ白のお肌になるために!

薬剤師が使っているのがこちら ↓

使い方は簡単!

★☆★使い方は簡単です。


洗顔後に化粧水など、ふだん使っている下地化粧品で肌を整えた後、
ハイドロキノンをうす~く全体に、
あるいはシミの気になる部分だけに塗るだけ。

その後は、なるべく日光にあたらないように、
しっかり日焼け止めを塗っておくことが必要

日光にあたると逆効果となってシミを作ってしまいかねないので注意!!!


4か月後を楽しみに!

効果はどのくらいであらわれるのか気になりますね。

1~2日で、ほんの少しまだらに白くなってきますので、
変化を感じるのにそれほどの日数はかかりません。

使い始めて数日で、もう全体的にお顔が明るくなったように感じるはずです。

でも、固まっていたくろずみが、
まだらに白くなってシミがばらばらになったように感じ始めてから、
頑固なシミの部分まですっかりきれいになるには、4か月がんばってみましょう。

効果が出ているのか心配な方は?

<毎日、少しずつの変化が確認できなくて心配になってしまいそうな方へ>

そういった方は、お顔の他に、
片方の手の甲にハイドロキノンクリームを塗ってみましょう。

日々、片方の手が白くなっていくのがよくわかりますよ。
確実に美白の効果が出ている証拠ですね。
白くなっていく手を見るのが楽しみになります。

また、ほほのシミがバラバラになっていくのが気になって、
つい鏡を長時間見るようになっていくかもしれませんね。 ↓

お肌のコンディションも良くなる

トレチノイン・・・アンチエイジング剤とされていて、
お肌のコンディションが良くなります。

ハイドロキノン・・・皮膚の漂白剤と言われており、
シミ・ソバカスや美白に効果。

n万円の化粧品より効果抜群のハイドロキノンを個人輸入でゲットして、
毎日のお手入れを楽しんでみてください。

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ